2021年9月21日

Rock’n Roll 英語教室 Vol.22

Rock’n Roll 英語教室 Vol. 22

Sting – Englishman In New York (1988)

前回の「Two Tribes」に続き、イギリス人から見たアメリカがテーマの曲です。

I don’t drink coffee I take tea my dear

(コーヒーよりも紅茶を好む)

I like my toast done on one side

(トーストは片面焼きがいい)

And you can hear it in my accent when I talk

(話してるときのアクセントでわかるだろう)

I’m an Englishman in New York

(私はニューヨークの英国人なんだ)

PVにも出てくるクエンティン・クリスプさんという英国の作家がアメリカに移住した際に体験したことが全体のモチーフになっているそうです。

Takes more than combat gear to make a man

(一人前の人間になるためには戦闘装備では不充分)

Takes more than a license for a gun

(銃の許可証より前に必要なものがある)

A gentleman will walk but never run

(紳士たるもの歩くことはあっても走ることはない)

暴力ではなく、知性を駆使して問題を解決するということについて、イギリス人らしい遠回しな表現で歌われています。

こちらはニューヨークでのライブ 「イングリッシュマン・イン・ニューヨーク」 in New York です。                    

アメリカ人に対する皮肉に溢れた曲ですが、ニューヨーカーはなぜか大喜び。。。

I don’t drink coffee I take tea my dear

I like my toast done on one side

And you can hear it in my accent when I talk

I’m an Englishman in New York

See me walking down Fifth Avenue

A walking cane here at my side

I take it everywhere I walk

I’m an Englishman in New York

I’m an alien I’m a legal alien

I’m an Englishman in New York

I’m an alien I’m a legal alien

I’m an Englishman in New York

If, “Manners makes man” as someone said

Then he’s the hero of the day

It takes a man to suffer ignorance and smile

Be yourself no matter what they say

I’m an alien I’m a legal alien

I’m an Englishman in New York

I’m an alien I’m a legal alien

I’m an Englishman in New York

Modesty, propriety can lead to notoriety

You could end up as the only one

Gentleness, sobriety are rare in this society

At night a candle’s brighter than the sun

Takes more than combat gear to make a man

Takes more than a license for a gun

Confront your enemies, avoid them when you can

A gentleman will walk but never run

If, “Manners makes man” as someone said

Then he’s the hero of the day

It takes a man to suffer ignorance and smile

Be yourself no matter what they say