2021年6月11日

Rock’n Roll 英語教室 Vol.19

Rock’n Roll 英語教室 Vol. 19

Billy Joel – Leave A Tender Moment Alone (1983)

邦題は「夜空のモーメント」。                      歌詞のなかに夜は出て来ませんが、美しい曲調は夜にぴったり。
名手トゥーツ・シールマンスの印象的なハーモニカからはじまる切なくて美しい曲です。

「leave」は中学校では(去る)という意味で習いますが、高校生以上になると(そのままにしておく)という意味で使うことが増えてきます。

タイトルは、「 Leave me alone」(ぼくを放っておいてくれ)というよくある表現の目的語を「me」から「a tender moment」に置き代えたかたちです。

「tender」は(優しい)という意味のほかに、(壊れやすい)とか(微妙な)という意味があります。

せっかく大好きな女の子と一緒にいて、とても良い雰囲気になってきたのに、その重苦しい雰囲気に耐え切れず、大事なところでついおちゃらけてしまう自分に向けて、この「壊れやすい微妙な空気」を頑張ってそのままにしておこう、と歌っています。

Even though I’m in love
Sometimes I get so afraid

(恋してるときでさえ、ときどきすごく怖くなる)

I’ll say something so wrong
Just to have something to say

(何か言わなきゃいけないけど、まちがったことを言ってしまいそうで)

こちらはトゥーツ・シールマンスをゲストに招いたライブバージョン。    やさしいおじいちゃんの背中越しに見える若き日のビリー・ジョエルがとてもうれしそうですね。

Even though I’m in love

Sometimes I get so afraid

I’ll say something so wrong

Just to have something to say

I know the moment isn’t right

To tell the girl a comical line

To keep the conversation light

I guess I’m just frightened out of my mind

But if that’s how I feel

Then it’s the best feeling I’ve even known

It’s undeniably real

Leave a tender moment alone

Yes I know I’m in love

But just when I ought to relax

I put my foot in my mouth

‘Cause I’m just avoiding the facts

If the girl gets too close

If I need some room to escape

When the moment arose

I’d tell her it’s all a mistake

But that’s not how I feel

No that’s not the woman I’ve known

She’s undeniably real

So leave a tender moment alone